有料老人ホームの入居金はいくらかかるの?

有料老人ホームの入居を考えている方が、検討している間にからなず1度は耳にするのが、「入居金」です。

様々な新聞折込チラシにも、からなず「入居金」については、触れてあるのが、一般的です。

有料老人ホームで最初にかかる費用が、「入居金(入居一時金)」です。

入居金、別名では入居一時金ともいう場合があります。

これは一体どんな属性ものかといいますと、有料老人ホームに入居する際にまずは、必要な費用のことをさします。

基本的には、返還される種類のものではなく、また預け入れ金でもあります。

有料老人ホーム入居した後、その施設の設定した年月において、その費用は、減価償却されます。ですので、基本的には、一度入れたお金に対して、返還は行われません。

けれども、例えば入居してすぐに亡くなってしまった場合ですとか、れ、やはり合わずにやむなく退去という場合において、
全額ではありませんが、一定金額が返還される施設もあります。

ですので、入居前に、どういうケースと、いつまでであれば、返還があるのか?など書面のうえ、確認しておくことが大切です。

さて、気になるのがその入居金の金額になります。

入居金は、各施設において、施設の設備や、その他もろもろのケアの種類においても異なるため、かなり差があります。

これまで有料 老人ホームの入居金の平均といわれているのが、2000万円の数字です。

けれども、中には、高級住宅地にたち、それの5倍を超えるいわゆる「億」を必要とする高額な入居金を必要とする施設もありますので、この金額は、あくまでも平均としてとられることが必要です。

中には、入居金を一切必要としない施設もありますので、入居金が高いからと、有料老人ホームをあきらめず、各家庭の経済状況の応じて、対応できる施設を探すというのも1つの方法になります。

ただし、入居金を高額にはなりますが、その後の毎月の支払いが安くすんでいる施設もありますので、入居金の種類などのついては、各施設においての確認が必要になります。