有料老人ホームの日々の暮らしの中で

有料老人ホームに入居したあと、日々の暮らしの中で、一番気になることの1つが、まさに「食事」だと思います。

これまで、1日に3度食べ、食事は人間が生きる上での基本になってきています。
もちろん、いかに介護が必要になっても、日々の楽しみの1つが、その食事であるという方は、少なくないことでしょう。

ただし、介護が必要なので・・・という理由がありますので、
その調理方法において、さまざまな調理方法があります。

飲み込むこと、咀嚼が難しい方、食べ物の好き嫌いがある方、
さまざまな方が生活する上で、
施設の多くが心がけていることが「家庭食」に近いということです。

学校などの給食が毎日の食事であれば、飽きがきてしまうものですが、
家庭料理であれば、それは、毎日の楽しみになるという配慮からのようです。

その上で、
飲み込むことが苦手な方には、「おかゆ」
咀嚼が苦手な方には、「刻み食」「とろみ食」とわけて調理してもらえます。

家庭では、個々人において、なかなか難しい栄養バランスも、しっかり管理されているので、塩分などの配慮が必要な方においても、安心した食事を楽しめるのです。

何より、施設によっては、イベント料理をしてみたり、
ときには、外食風に食への変化をもたせ、楽しみあるものにアレンジしているところも少なくありません。

また、食事は、1人で食べると、同じものでも、美味しく感じないこともありますが、
それが、入居者にとって一番大切な家族と一緒の食事であれば、なお一層おいしく、楽しい時間に変わります。

そういうことをふまえ、ご家族がこられたときには、
ご家族分のお食事を用意するサービスをおこなっている施設もありますので、
その食事を楽しみに、一緒に味わえる時間を楽しみに、入居者を訪ねてくるご家族も増えるというものです。

食事においては、さまざまな特色をうちだしていますので、
ご自身が求めるものをしっかり確認して、選択するのがオススメです。